試合結果

鈴木敬喜参戦!9.25大日本プロレス新潟大会

◆9/25(土)大日本プロレス新潟大会:メインイベント「BJW認定タッグ選手権試合」◆

 

タッグチーム「シミラリティ」:鈴木敬喜&加藤拓歩組が王座へ挑戦!!

王者、橋本大地&神谷英慶組の猛攻が挑戦者組を襲う。鈴木が捕まるが、橋本になんとかスクープスラムを仕掛け加藤に交代。加藤が攻めに入るも神谷橋本組の連携技を食らうが切り返して鈴木に交代。鈴木が橋本神谷2人にボディースラム、ラリアットを決めシミラリティの連携技が始まる。鈴木が神谷にとどめのジャーマンスープレックスを決めたがカウント2で橋本がカット。鈴木が神谷を担ごうとするがコーナーへ押し込まれ、すかさず橋本の膝が鈴木の顔面をとらえる。ふらついた鈴木に神谷がショルダータックル、橋本が鈴木をセットし神谷のエルボードロップ。カウント2で加藤がカットに入る。橋本が加藤を蹴散らし、最後は神谷のブレーンバスターを受け王者組に敗北。

 

残念ながら王座の奪取には至らなかったが、シミラリティの2人は「気持ちを切り替えてまた前へ進む!」とコメントを残し、10月1日に行われる大日本プロレスラジアントホール大会でのIRON FISTタッグ選手権試合に照準を向けた。

 

 

 

 

 

 

メインイベント BJW認定タッグ選手権試合 30分1本勝負

勝敗 参加選手 所属 備考
勝ち 橋本大地 大日本プロレス 【第53代王者】
神谷英慶 大日本プロレス 【第53代王者】
負け 加藤拓歩 大日本プロレス 【挑戦者】
鈴木敬喜 新潟プロレス 【挑戦者】
15分46秒 ブレーンバスター→体固め