新潟プロレス公式ウェブサイト/大会情報/イベント/プロレス道場/ジム/トレーニング教室/格闘技/レスリング
新潟プロレス公式ウェブサイト 大会開催 イベント出張 トレーニングジム プロレスを通じた地域振興
お問い合わせ
ホーム 大会イベント情報 試合結果 選手紹介 チケット&グッズ オンラインショップ ジム入会案内 新潟プロレスについて
HOME>試合結果> 新潟プロレス コモバトル5大会 2013年12月8日 コモプラザ
新潟プロレス「コモバトル5」2013年12月8日
会場:新潟県新発田市 コモプラザ(コモタウン)
第1試合:ごじゃっぺプロレスリング提供試合301本勝負
吉田充宏
GJP
〇 舞牙
(天龍プロジェクト)



12分7秒
スライディングラリアット→
片エビ固め




ダ-イシ(GJP)
山口聡司 ×(GJP)
ごじゃっぺプロレス勢に天龍プロジェクトの舞牙の加わった第一試合。
ダーイシの激しい頭突きによって舞牙の動きが止まるも、すぐに山口を捉え、吉田と共に山口を攻める。吉田とダーイシが場外で激しい攻防を繰り広げている間に、リング上では舞牙がスライディングラリアットで経験の浅い山口を沈めた。


ごじゃっぺプロレス初登場。新潟でのこれからの戦いに期待!
第2試合:信州プロレス提供試合 30分一本勝負 タッグマッチ
〇グレ-ト☆無茶
とら一郎




15分30秒
ダイビングエルボ-ドロップ
→片エビ固め




地獄谷PONTA
臥竜キッド×
信州プロレスによる提供試合。レフェリーは福山マサハル(ハゲ)。信州プロレスワールドの中にも、動きの早い攻防や臥龍キッドのグラウディングシューティングスタープレスなど個々の持つスキルを存分に発揮した第二試合。
最後はゴム鉄球攻撃から無茶が臥龍キッドをダイビングエルボードロップでフォール勝ち。




信州で熱い戦いを繰り広げる無茶と信州プロレスが今回も楽しい見ごたえのあるプロレスを魅せてくれた

第3試合:セミファイナル 30分一本勝負 
タッグマッチ/ハンディキャップマッチ
/再試合

デブ害虫
× メス害虫



3分10秒
反則

再試合/14分39秒
バーディクト→片エビ固め



富豪2夢路 〇
ス-パ-ササダンゴマシン
新潟プロレス正規軍対害虫軍の一戦。試合早々、害虫軍が二人がかりで正規軍を痛めつける。制止をしようとしたレフェリー長井を攻撃した害虫軍に反則負けのゴング。不透明決着に怒ったササダンゴマシーンが再戦を要求。害虫軍はセコンドのハゲ害虫を含めた2対3のハンディキャップマッチという正規軍不利な条件をたたき付け、再戦が決定。数で勝る害虫軍が優位に試合を進めるも、激しい場外乱闘の末、ササダンゴマシーンがバーディクトでデブ害虫を駆除した




存在感あふれるSSM。害虫軍を一蹴!すでに新潟プロレスの顔のひとりとして大活躍。
第4試合:セミファイナルイベント 30分一本勝負 シングルマッチ

コシ☆ヒカ~ル
(新潟プロレス)



13分27秒
デスバレーボム
→片エビ固め




ブラックトムキャット

新潟プロレスホープ対害虫軍総帥のシングルマッチ。ブラックトムキャットが重い打撃や思わず唸るテクニックでコシ☆ヒカールを攻め優位に試合を進める。負けられないコし☆ヒカールはフライングクロスチョップや気合の入った打撃で反撃するも、最後は急角度なデスバレーボムで3カウントを聞いた。






もはや新潟ではプチプレイク?知らぬはモグリ?大人気のコシ☆ヒカ~ル様。フナッシーなんて目じゃないぜ!
第5試合:ファイナルイベント 45分一本勝負 新潟無差別級選手権試合

クラシックキッド
(挑戦者:元NWA世界ジュニアヘビ-級王者)



12分11秒
ジャパニーズ・レッグロ-ルクラッチホ-ルド




シマ重野
(初代チャンピオン)

かつては初代タイガーマスクも手にしたNWA世界ジュニアヘビー級元チャンピオンのクラシック・キッドを挑戦者に迎えた新潟無差別級選手権試合。小柄ながらも持ち前のパワーとテクニックを生かしてチャンピオンの重野を攻めるクラシック。グラウンドの攻防やソバット、ダイビングヘッドバットなど、初代タイガーマスク対ダイナマイト・キッドを彷彿とさせる試合展開。重野の得意技レールガンドライバーを2カウントで返したクラシックの一瞬の隙をつき、重野がジャパニーズレッグロールクラッチで丸め込み王座を防衛。


お祭り男おなじみの入場「みこし担ぎ」でファンに応えるシマ重野


やはり試合巧者のキッド。技の応酬でも重野をてこずらせる。元NWAジュニア王者の力を発揮


重野も高速のレールガンキックをヒット。一進一退の攻防が続く。


襲い掛かるキッド。かわすシマ重野。最後は重野が必殺のレールガンドライバーをお見舞いする…
これをキッドが2カウントでしのぐも、重野がジャパニーズレッグロールクラッチで丸め込みカウント3



試合後、マイクアピールを行う重野を害虫軍が襲撃。パワーボムで重野を黙らせたブラックトムキャットが自らマスクを取る。正体は糸魚川出身でW★INGやZERO-ONEで活躍し、ごじゃっぺプロレスGJP初代王者の保坂秀樹。
「王座戦やってあげてもいい」という上から目線の要求に、怒りの重野は「いつでもやってやる」と返答し、次期新潟無差別級の挑戦者が保坂に決定した。リッキーフジ率いる害虫軍サイドに堕ちたブラックトムキャット改め保坂との次戦に期待!
「野呂一郎教授のトークバトル!」
プロローグイベント/トークショー
「野呂一郎教授のトークバトル!」 (清和大学教授・新潟プロレスアドバイザ-)
  出演:富豪2夢路(新潟プロレス顧問・プロレスリングFTO)
  グレ-ト☆無茶(信州プロレス代表)
  吉田充宏(ごじゃっぺプロレスリング代表)
新潟プロレス公式ブログ
スタッフ募集
ジム会員募集
 
私たちは新潟プロレスを応援しています
 
 株式会社新潟プロレス  道場:〒950-0813 新潟市東区大形本町3丁目3-27  電話:090-2407-9154 E-mail:info@n-p-w.jp